TOP > Ivy-log

飛込営業は効果的ですか?

投稿日: 作成者: Ivy-appoint

よくクライアント様から頂戴する質問で、「飛込営業って今でも効果的ですか?」このような質問を頂戴します。

解答は「今でも有効です」このように答えます。

一昔前はフットインザドアと言って、ドアに片足を突っ込んで、閉められないようにし営業する。これぞ営業の基本だ。というのが主流の時代もあったようです。この話は知り合いのお客様から聞いたお話です。営業は足でかせいでなんぼ。こういった考え方だったのかもしれません。

今は手軽にネットから情報が手に入り、このようなスタンスは減りつつあるかもしれません。しかし、飛込営業は効果がない‥ということはないと思います。実際に弊社のクライアント様にはテレアポ+訪問のスタイルと、飛込からの営業のスタイルの2つを駆使して売上をあげておられる方がおられます。

商材によって有効な営業手法は違います。もし、飛込に合致したタイプの商材であれば今でも十分有効的です。

実際に弊社でもクライアント様の飛込をお手伝いする事もありますが、商材が飛込に合致していると名刺1枚とチラシ1枚で実際に契約までこぎつけることが可能です。それに飛込をお手伝いしていて感じたのですが、実際に訪問すると、予想以上に邪険に扱われることがなく、非常に有効的に接していただけました。

以前、薬局を中心に飛込をしたときなどは、「大変だね。ノルマとかあるの??せっかくだから何個か買うわ」とその場で購入してくれることが多々あり、後日リピートをしてくれました。

実際に身をもって飛込を体験し、上記のような結果がでているので、一概に飛込営業は効果がないかと尋ねられれば「ありますよ」と答えるしかございません。

しかし、あくまで商材が合致している事、それ以外には訪問する先が隣接している業種であることが重要です。

この点を意識すれば、飛込営業も効果的だと思われます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク