TOP > Ivy-log

アポインターとは

投稿日: 作成者: Ivy-appoint

本日はアポインターに対して考えることを書いてまいります。

経験のあるアポインターは重要です。コールに慣れれば慣れるほど、アポ率は上昇していきます。

では、アポインターの経験とはいったいどういったことでしょうか?

例えば、10人のアポインターを揃えるとします。もし、この10人がコールし余りにも全員のアポ率にばらつきがある場合は良い状態とは言えません。

仮に1人は7%のアポ率を叩き出し、2人は6%、その他は2%~4%である。こうのようなアポ率が出る場合の要因としては「アポインターのアドリブに頼らなければいけないスクリプトを作成しているという事です」こうなってくるとテレアポは成功しません。

市場の声を反映し作成されたスクリプトは、誰が読んでもアポを獲得します。何故なら電話先様が必要としていることに対して情報提供しているので、必ず自然とアポは獲得できます。また、電話先様も非常に話を聞いてくれるためコールする側としても安心してコールができるのです。

話を戻しますが、アポインターの良さを決める経験とはどういった事を言うのでしょうか?

その答えは、「最後までスクリプトを読み切る力という事です」

例え、電話先様が不機嫌そうにでてこようが、めんどくさそうにででこようが‥徹底して最後まで元気よく、丁寧にスクリプトを読み切ることができる経験こそがアポインターの力です。

ここが、何よりアポインターに要求される経験です。例え、電話に出た相手が不機嫌そうであったとしても、自身に関係のある話とわかれば、即座に声のトーンが変わります。そして、電話の内容を真剣に聞きだします。

こういった状況を作り出せる力を養えるように、アポインターを研修するだけでなく、スクリプトの精度もあげていかなくてはなりません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク