TOP > Ivy-log

急がば回れを活用されるクライアント様

投稿日: 作成者: Ivy-appoint

今回の題名は「急がば回れを活用されるクライアント様」です。

これはどういった事かと申しますと、アポの獲得の方法もクライアント様それぞれの考えがあるようです。その中でも営業力の強い企業様に多く見られる傾向が、急がば回れの方法でアポイントを獲得なされます。

弊社のクライアント様の中には、きっと皆さまが名前をお聞きになれば100人中100人の方がしっている企業様もおられます。毎日のようにテレビでも、ネットでも広告をおかけになられます。以前に担当の方から聞いたのですが1日の広告費を聞いた時に、約1億円ほどですとこたえられておられました。まさに次元が違う‥と感じましたが、そういったクライアント様のテレマーケティングを弊社はご依頼いただいております。

上記の場合ですと、超が付くほど大型の企業様ですが、そうではなく零細、中小であっても着実に実績をあげられ営業が強い企業様に多いのは、やはり急がば回れの営業手法です。

一言で言いますと、「名刺交換アポです」

私が担当するクライアント様と先日会議をしていたのですが、「ビジネスはまずは関係性を作って、信頼いただき、仕事をもらう。これが全てだ」常にこのように、私にお話ししてくれます。

このようなタイプのクライアント様の場合、まずは「お会いすることに専念されます」

そして、計画的に見事なフォロー営業で、1月~半年以内で顧客化していきます。平均すると3ヶ月ほどでしょうか。

確かに、アポの質を求めるあまり、会える絶対数が減少するよりも、徹底的に見込み客の母数を増やし続け、フォロー営業により顧客化されていく。この流れで成功されておられます。

先日、あるクライアント様に社労士事務所をご紹介いただきました。社労士事務所の先生は弊社がご依頼を頂戴しているクライアント様の顧問の先生で、実際にクライアント様の企業の成長を目の当たりにされてきたそうです。その中で実際に急がば回れで拡大していく企業をみて、テレマーケティングに興味をもったということでご依頼を頂戴しました。

ご依頼いただいた社労士事務所様ですが、近隣から同じように「急がば回れを実行し」今までにないほどの速度で顧問先を増加されておられます。

この事実を見る限り、急がば回れも効果的な営業手法の一つだと認めざるを得ないと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク